top of page
  • 裕也 平賀

住所変更登記 マンション名を入れる?入れない?

司法書士試験の受験時代から簡単なようで、悩ますのが住所変更登記です。

ちなみに、業界では「名変登記」と言います。住所変更でも「名変」です。

登記簿上の住所が変わった場合(引越し等)には、住所変更登記を行います。

一軒家の場合は、特に建物の名称はありませんが、マンションやアパートの場合は、市区町村により異なりますが住民票に

マンションやアパートの名称が入っているケースがあります。

通常であれば、住民票の記載通りに申請しますから住民票にマンションやアパートの名称の記載があれば、その通りに申請をします。

ここで問題になるのは、マンションやアパートの名称が変わる場合です。

特に賃貸の場合、オーナーが変われば、ブランディングの為、建物の名称を変えるケースはよくあります。

当然、建物の名称が変われば、住民票に建物の名称が入っている場合は、届出が必要となります。

自分の意思に関係なく変わってしまうのは、ちょっとおかしいですが、行政区画が変更の場合と同じようなものです。

前置きが長くなりましが、今回「名変登記」の依頼があり、住民票を確認したところ、「〇〇〇マンション101号」へ住所移転していることが分かりました。

でも待てよ、「〇〇〇マンション」て「×××マンション」に名称が変わってたよな~と、思っていました。

でも住民票上はまだ「〇〇〇マンション101号」のままでした。

依頼者に届出をしてもらうかと考えましたが、また、名称が変わる可能性がある建物でしたので、不動産登記法のテクニックを使って登記申請をしました。

不動産登記法上は、マンション名等は肩書に過ぎないので、マンション名等を入れないで登記が可能なのです。

そこで、今回は、マンション名を入れないで登記をしました。

これで、またマンション名が変わっても名変登記は不要です。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、レアな種類変更登記をしました。 内容としては,合資会社から合名会社に種類変更登記をして、直後に合名会社の解散登記をする申請になります。 司法書士の受験時代でもあまり勉強しない登記のため、参考を見ながら、法務局に相談しながら登記をしました。 内容は以下の通りです。 合資会社の有限責任社員が死亡したため、無限責任社員のみとなり、その時点で合名会社への種類変更をしなければならなかったのですが、放置

bottom of page