top of page
  • 執筆者の写真裕也 平賀

司法書士による無料相談会(開催済み令和4年10月22日)(令和4年10月29日)

先週の土曜日に司法書士による無料相談会に相談員として参加しました。

お越し頂いたお客様、ありがとうございました。

ほとんどが、不動産登記に関するご相談でした。

来週の土曜日(令和4年10月29日)も相談会があります。

お時間がある方は、是非ご来場ください。

相談料は無料です。

来週の土曜日の相談会は、弁護士、土地家屋調査士、建築士、司法書士の合同相談会です。


チラシ(不動産に関する合同無料相談会)
.pdf
Download PDF • 463KB


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

合資会社から合名会社への種類変更後に合名会社の解散登記

先日、レアな種類変更登記をしました。 内容としては,合資会社から合名会社に種類変更登記をして、直後に合名会社の解散登記をする申請になります。 司法書士の受験時代でもあまり勉強しない登記のため、参考を見ながら、法務局に相談しながら登記をしました。 内容は以下の通りです。 合資会社の有限責任社員が死亡したため、無限責任社員のみとなり、その時点で合名会社への種類変更をしなければならなかったのですが、放置

住所変更登記 マンション名を入れる?入れない?

司法書士試験の受験時代から簡単なようで、悩ますのが住所変更登記です。 ちなみに、業界では「名変登記」と言います。住所変更でも「名変」です。 登記簿上の住所が変わった場合(引越し等)には、住所変更登記を行います。 一軒家の場合は、特に建物の名称はありませんが、マンションやアパートの場合は、市区町村により異なりますが住民票に マンションやアパートの名称が入っているケースがあります。 通常であれば、住民

bottom of page